ほっとの仕事

ほっとの仕事 = 訪問介護 です。

ご存知の方も多いかもしれませんが、文字通りにご自宅に訪問し、生活の介護や身体介護をおこないます。

では、ほっとでは、具体的にはどのような仕事がるのか?
大きくわけて、制度的にふたつに区分することが出来ます。

になります。
介護保険適応サービスは、介護保険法に法に基づき行えるサービスで、
障害福祉適応サービスは、障害者総合支援法に基づき行えるサービスとなります。

ほっとの仕事イラスト

行えるサービスとして、重複する部分もあるのですが、各サービス毎で おこなえる具体的な内容は、以下のようになります。

介護保険適応サービス

身体介護

食事介助、入浴介助・清拭、衣類の着脱介助、排泄介助、洗面、身体整容、体位変換、通院・外出介助、移乗・移動介助、就寝・起床介助、自立生活支援のための見守り援助、特段の専門的配慮を持って行う調理などを行います。

介護保険適応サービス
介護保険適応サービス

生活援助

掃除、洗濯、衣類の整理・補修、一般的な調理、配膳・下膳、買い物、薬の受け取り代行などを行います。

障害福祉適応サービス

居宅介護(ホームヘルプ)

入浴・排せつ・食事等の介護、調理・洗濯及び掃除等の家事並び生活等に関する相談及び助言その他生活全般に渡る援助などを行います。

障害福祉適応サービス
同行援護

同行援護(ガイドヘルパー)

視覚障害により移動するのが難しい方のために、ガイドヘルパーが移動をサポートするサービスです。
ガイドヘルパーは視覚障害の移動や介助に特化した研修を受けており、移動を行う際の情報保障の役割を果たします。

重度訪問介護

重度の肢体不自由者である、または重度の知的障害もしくは精神障害があるために介護を必要とする方に、総合的な支援を行います。

重度訪問介護

同様の介護サービスを提供するのですが、介護保険法と障害者総合支援法の制度の違いがあり、ご利用者様と行えるサービスの体系が異なります。

ご利用される場合は、介護保険サービスと障害福祉サービスにそれぞれ指定基準があります。
また、市町村等の担当窓口や手続きが異なりますのでご注意が必要です。

ご利用者様、ご家族様また、働き方を詳しく聞きたいとお考えの方は、お気軽にご連絡ください。